英会話の魅力を知って楽しく英語力アップを目指す

ワーキングホリデービザ

ワーキングホリデービザを取得する際の注意点

ワーキングホリデーには誰もが参加できるわけではありません。受入国によって、年齢の上限が変わりますが一般的には25歳までもしくは30歳までとなっています。年齢をオーバーしていると、興味があっても申し込むことができないので、ワーキングホリデーに参加したいと考えている人はできるだけ早く申し込むことが重要です。また、一度ワーキングホリデービザを取得して渡航したことのある国には再度申し込むことができません。できるだけ多くの人にその国の魅力を知ってもらうために門戸を開いている制度なので、1度しかワーキングホリデービザで渡航する事はできません。また、人気がある制度なので申し込めば必ず取得する事ができるわけではないので注意が必要です。

国や地域によって仕事は千差万別

ワーキングホリデーに参加する場合は、全額自己負担になります。航空券や滞在先は自分で手配しなければなりません。国が面倒を見てくれるわけではないので、この点を勘違いしないでください。渡航する国の法律によって、最低賃金や就労可能時間は違います。そして、確実に仕事を見つけることができるわけでもありません。現地の人の仕事を奪いかねないので、補助的な仕事が多くなっています。農園での収穫作業はどの国も大抵人手不足になっているので、農作業の求人が国によっては豊富にあります。また、観光客が多く訪れる地域では日本人観光客を相手にした接客業の求人が多くあります。ただし、時期によって変動があるので渡航前に情報を収集する事が大切です。